【帰納的な聖書の学び方 IBSセミナーとは?】
「帰納的な聖書の学び方」を教えるIBSセミナーでは、講師のダン・フィンフロック牧仕が、聖書をできるだけ客観的かつ正確に読み取る方法をわかりやすく分かち合っています。聖書を学ぶときには、よく観察し、字義通りに読み、文脈を学び、聖書を聖書で解釈し、実践的に適用することが大切です。聖書の著者であるイエス・キリストが言われたいことを、あなたが正確に読み取り、他の人たちにどのように聖書を読んだらいいのか分かち合うことを目指しています。

ダン・フィンフロック牧仕著作/IBSセミナーテキスト日本語版『聖書の事実を引き出す学び方』通販ページへ


【講師のダン・フィンフロック牧仕について】
ダン牧仕は、しばらくアメリカで牧会をしていました。
その後6年間に渡り、フィリピンに移り住み、注解書も手に入れることのできない現地の貧しい牧会者たちに同情しました。彼らが、神が言われたいことに忠実に、聖書を理解する手助けをしたいという強い思いが与えられました。そして、帰納的聖書の学びを現地の牧会者たちに教え始めたのです。
アメリカに帰国後、キャンパス・クルセードのビル・ブライト氏に頼まれて、ソビエト政権末期にロシアに入り、ロシア人のクリスチャンリーダーたちに、帰納的な聖書の読み方を教えて回りました。現在ロシアには、彼のミニストリーのスタッフが何人もいます。
その後、中南米・北米、日本、東アジア、東南アジア、インド、ネパール、中東(イラク・シリア難民キャンプ含む)ヨーローッパ諸国、アフリカ諸国(南スーダン含む)ここでは書くこともできない東アジアや中東の場所にも出向いて、世界50カ国、30年以上に渡り、多くの牧会者たち、リーダーたち、クリスチャンたちに仕えてきました。
日本では過去2回(2011年、2012年)IBSセミナーが行われ、2019年が3回目の開催となりました。


【IBSセミナー共催&通訳者 桜井知主夫牧仕からの分かち合い】
今回、ダン・フィンフロック牧仕に来ていただく機会が与えられたことを心から感謝しています。ダン牧仕は、「キリストが権威を持って神のことばを教えられたように、聖書を教える人たちも権威を持って教えられるように願っている」と分かち合ってくれました。自分も含めて、ひとりでも多くの牧仕や教仕が権威を持って神のことばを教えられるように願っています。

自分が言いたいことを言うのではなく、神が語られることを語る。これは簡単なようで難しいことです。聖霊の助けなしにはできないことなのです。しかし、多くの人たちはそこを勘違いしていて偏差値を上げれば、神が語られたいことを理解した上に、神に代わって語ることができると考えているようです。しかし、聖霊が教えない限り、神が言わんと意図されていることを理解することはできません。

それに伴って大切なことは、聖書を客観的に詳細に読むことです。観察が狂うと解釈が狂い、解釈が狂うと適用も狂ってしまいます。

多くのクリスチャンが、聖書の神のことばの解釈は、いくつもあると信じているようです。しかし解釈はひとつしかありません。神のことばの著者であるキリストは、ひとつの聖句にそれぞれひとつの意味を意図されて、聖書を造られました。聖霊によって預言者たちや使徒たちを使い、ご自分の意図されていることを伝えようと聖書を造られたのです。

それなのに、スモールグループで色々な解釈をしたい放題で、何が正しいのかもわからないような聖書の学びがあります。それは悲しい状況です。なぜなら、そのような学び方では、罪や咎めから自由になることはないからです。

一方で、適用は千差万別、聖書の学びをされる参加者の数ほどにあります。ひとりでも多くの人が、正確に聖書を読んで、神がどのような方で、すでに何をしてくださったかを知って理解が深められますように。さらに神が意図されていることを、確信して生きることができますように、主イエスの御名によって父なる神に祈ります。

さて、聖書の読み方やメッセージの方法には、少なくとも3種類があります。

1番目は『帰納的に学ぶ』。聖書を客観的に詳細に学び、聖書から事実を引き出す方法です。2番目は『演繹(えんえき)的に学ぶ』。つまり、まず自分が考えたテーマがあり、自分が言いたいことをサポートするために聖書箇所を探し出す方法です。3番目は『たたき台方法』。この方法でメッセージを伝える人は、冒頭で聖書箇所には触れますが、その後は自分が言いたいことだけを滔々(とうとう)と述べるだけで、二度と聖書本文に戻ってくることはありません。

日本には、プロテスタント教会に通う兄弟姉妹が60万人いるとされていますが、帰納的に聖書を学ぶ人たちが何割になるのか、とても心配させられる状況です。

神のことばである真理が、私たちを自由にします。教会堂がとても立派でも、神のことばが権威を持って語られなければ、主イエスの聖徒たちは成長しません。神のことばがストレートに愛を持って語られなければ、誰も自由にならないし、主イエスの身丈に向かって成長もしません。

このダン・フィンフロック牧仕による帰納的に聖書を学ぶ方法は、聖書から事実を引き出す上で、とても役に立ちます。非常に素朴な学びですが奥が深い学びでもあり、心からお薦めできます。セミナーで学んだ人たちの聖書理解が多くの人たちの助けになり、主イエスにあって父なる神に栄光が帰るように祈らせていただきます。


ダン・フィンフロック牧仕のご厚意により許諾を得て、IBSセミナービデオをYoutubeにて無料公開しています。

  


【外部リンク① CGNTV Japanによるニュース映像】

※ニュース映像の中で使われているIBSセミナーテキストは旧2012年度版のものです。販売中のテキストは日本語翻訳とレイアウトを全面的に見直した2019年度版になります。


【外部リンク② クリスチャントゥデイによるセミナー取材記事】

↓クリックで記事ページへ↓

 

50カ国以上で実践される聖書を正確に読み取る学び方 IBS講師が来日セミナー : 宣教 : クリスチャントゥデイ